LSD HISTORY 

ハワイ(2003)

 それは、8月30日鈴鹿サーキットで行われた「シマノ鈴鹿ロード」のライブにていきなり宣言したのが始まりでした…。
 すでにハワイにおいてこの「ホノルル・センチュリー・ライド」という自転車イベントは22年目、22回目を数え、昨年の参加者は1500人という、大きなツーリングイベントなのです。
 このイベントには今年からJALをはじめとする多くの企業が協賛し、もっと日本人の参加者を呼び込んでさらに盛り上げようという動きが始まったのです。
 そこでMr.自転車・清志郎にもお声がかかり、「すばらしいイベントなので是非参加して欲しい」との依頼を受け、快く参加する運びとなったのです。また、清志郎の楽器担当・シャブちゃんこと山本キヨシさんもアシスタントとして!?参加することになりました。
 このイベントはレースと違って順位を競うのではなく、長い距離をのんびり楽しく乗ろうというのが主旨。「Long Slow Distance」を信条とする清志郎にはナイスなイベント。走行距離は20,25,50,75,100マイルから選択するのですが、清志郎はもちろん100マイルに参加。


9月25日(木)

 日本時間9月25日夜、成田を発った清志郎一行はハワイ時間25日朝にハワイ入り。
 おなじみのメカマン・藤下さんもサイクルスポーツの取材がてら同行し、同じくカメラマン・ヒヤマさんがこれまたハワイ通で、今回のハワイ滞在に関してはこの二人がほとんどコーディネイトしてくれました。
 滞在先のホテルの清志郎の部屋からは青々とした海が眺められ、すばらしいロケーション !


9月26日(金)

 さてハワイ2日目は、早速コースの下見と言うことで、朝9時にホテルを出発し、走行開始。海沿いに延びる道からの景色はすばらしく、またコースとしてのアップダウンもきつくなく緩くなく、という感じでGOOD!この日は折り返し地点の50マイル地点で走行を終了。日差しは強いのですが日本のような照り返しが少なく、本当に気持ちよさそうです。
 この日の夜、イベント参加のためハワイ入りしたブリジストン・アンカーチームのプロ・サイクリスト・田代恭崇選手と合流し、焼き肉で会食、明日のスタミナを蓄えるのでした。


9月27日(土)

 昨夜、夕食を共にした田代選手と同じアンカーチームの藤野選手+お客さん1名との練習走行に繰り出す。プロの走りにのせられて50キロほどを流しました。さすがにイベント前日とあって、ホノルル近辺の自転車店には日本人が続々と来店する光景が見受けられました。

9月28日(日)

 ついにイベント当日、この日は朝4時過ぎには起床。 軽い朝食を食べ、いざ出陣!もちろん外はまだ真っ暗。
 スタート地点のカピオラニ公園にはすでにサイクリストが大挙しており、スゴイ光景。
 朝日が顔を出した6時15分、スタートの合図がしたものの清志郎がスタートしたのは6時20分近く。快調なスタートを切り、ダイアモンド・ヘッドを横目に、飛ばす飛ばす。取材をする藤下メカは、後ろにカメラマンを乗せた大型バイク・ハーレーを借りて走るも、自転車の列がなかなか途切れずコースに入り込めません。
 伴走車も同様で、走っても走っても清志郎の姿をとらえることは出来ず…ようやく追いついたのは35マイル地点、ワイマナロに用意され休憩ポイントでした。清志郎は飄々と楽しんでいるようでしたが、アシスタントの山本さんがポツリ「付いていけないよ…」先を急ぐかのように!?スタートし、今度は75マイル折り返し地点のキング・インターミディエイト・スクールにて休憩。ハワイの雄大な山がまたきれいなポイントでした。
 折り返し地点までは参加者の皆さん、かなりなハッスル模様だったのですが、折り返しをすぎるとバテ気味。清志郎はそんな人たちをどんどん抜いていくのです。
 そんなこんなで残り50マイルを過ぎた頃でしょうか、清志郎のLSDジャージを着た青年が前方に現れ、清志郎を発見するや、「20年来のファンです!! 清志郎さんの影響で自転車はじめて、このイベントにも参加しました!」とのこと。初心者にしては清志郎にぴったり着いてくる強者でした。
 ダイアモンド・ヘッド脇にさしかかり、残す距離もあと少しというところで、伴走車から鳴り響く音はヴェンチャーズの「Diamond Head」。ベタではありますが清志郎のリクエストにお応えしまして…。清志郎も俄然燃えるのでした。
 そして、ついに100マイル折り返し地点・スワンズィー・ビーチ・パークに到着。向かいのコンビニで藤下メカが買い込んできたハワイロールとスパムおにぎりを軽く食。山本さんはかなりもうろうとしながら、用をしている最中に清志郎はスタート。清志郎独走が始まります。
 そして、12時55分ついにゴール!!何とも超ハイペース、160kmを6時間40分近くで完走。  その25分遅れで山本さんもゴール。
 完走証をもらい今年のツーリングイベントは幕を閉じたのでした。


9月29日(月)

 帰国前にはお気に入りのウクレレメーカー「KAMAKA」のお店に顔を出しました。
 それにしても、滞在中なんと早起き生活だったことか…。 遅くとも8時には朝食を食べているヘルシーライフを送っていたのでした。
 来年は是非、皆さんも参加してみては!






▲ページTOPへ